Free Udemy Courses and Zero Broken link.
The only website where expired courses are deleted.

店舗開業資金を日本政策金融公庫で借りたいときの書類の書き方

Share :

Publisher : 和田 美香

Course Language : Japanese

このコースは、日本政策金融公庫からの正式発表情報に基づいて作成されているわけではありません。

2009年から、美容室店舗開業支援を年間20件以上、10年かけておこなってきたなかで、培ってきた融資書類の書き方についての独自ノウハウをお伝えしています。

美容室開業するときに、日本政策金融公庫で保証人なしで、開業資金調達したい方にむけて作成いたしました。

書類作成のなかで、特に大切な、「創業計画書」作成のポイントに絞ってをお伝えしています。

このコースで何を学べるか、確認しておきましょう。


#セクション1 イントロダクション

講座のゴール、対象者、講師自己紹介


#セクション2 ズバリ、自分はいくら借りられるのかを知る

融資をこれから受けたい、書類を書きたい。だけど、自分はどれぐらいなら借りられるかわからないし、どんな規模で店舗開業をイメージしたらいいかわからない。そんな方に、ご自身の融資が可能な規模の理論値を知る方法をお伝えします。融資を受けられる額がきまれば、自然と、開業規模も決まりますね。


#セクション3 「創業計画書」書き方の6つのポイント

「創業計画書」は、A4用紙1枚と、見た目は簡単そうです。しかし、簡単だからと、適当に埋めてはいけません。特に、融資審査を行う側が、チェックしているポイントを6つの視点からお伝えしています。


#セクション4 創業計画書を書く前に準備すべきこと

創業計画書を、書く前に、必要な手続きをお伝えします。不動産契約のタイミング、準備すべきことです。そしておまけ情報で金利を安くする方法についてです。


#セクション5 いますぐやるべきこと

この講義全体は、いますぐ書類を書く人にむけてお届けしています。しかし、もし、これから1年後、2年後に開業しようとする場合や、講義をみて、いますぐ開業できないな、もうすこし準備が必要だなと感じた方に、いますぐやるべき準備ポイントをお伝えします。