Free Udemy Courses and Zero Broken link.
The only website where expired courses are deleted.

Udemyで無料コースを公開しプロモーションに活用する方法 - unofficial

Share :

Publisher : 石崎力也 (RIKIYA ISHIZAKI) - Haamalu 合同会社

Course Language : Japanese

Udemyの講師ダッシュボードに入り、価格・クーポン設定を確認すると「無料」の選択肢を確認できます。無料でコースを公開するなんて、ただのボランティアじゃないかと思うかもしれません。

ワイアード編集長のクリスアンダーソンが書いた「FREE」という本が日本でもベストセラーになりました。インターネットの基本は無料であり、無料をモチベーションにしてスケーリングしてきましたよ、という内容です。スタートアップのビジネスでも無料を上手に利用することで、見込み客をたくさん集めることができるとも言っています。実際に、世の中のWebサービスを見ると、ほとんどが無料で解放されています。もちろんどうにかしてマネタイズ(有料化)しなきゃいけないんだけど、大多数はお金を払わないままサービスを継続して使います。

Udemyにおける無料コースの位置づけも全く一緒です。集客のために、突き抜けた(remarkable)しかも打たれ強い(unbeatable)動画コースを無料公開します。お客さんはお金を払う必要がないので、リスクはありません。まずは無料でノウハウを公開し、僕たちの人となりと実力を知ってもらいます。もし気に入れば、きっと一定数の人が、有料コースを購入してくれるでしょう。

Udemyでクーポンを発行し、URLにクーポンコードを埋め込み、無料コースのボーナスレクチャー(1番最後のレクチャー)にそれを設置します。この仕組みを作ると、Udemyのオーガニックによる売上だけじゃなく、講師経由での売上も計上されるようになります。