Free Udemy Courses and Zero Broken link.
The only website where expired courses are deleted.

マイペースで好きなことがビジネスになるADHD覚醒法

Share :

Publisher : ケンタ コシミズ

Course Length : 1 hour

Course Language : Japanese

Description

こんなお悩みありませんか?

 毎日が忙し過ぎて、正直もう死にそう、、、

✅ デスクに座ってられず、「サボるな!」と怒られるのが辛い

✅ やるべきことだらけなのに、何もかもがメンドくさい!

✅ 誰も自分を理解してくれず、いつもさびしい。。。

✅ 居眠りをしてしまい、「やる気をだせ!」と怒られる。

✅ 当たり前のことが出来ないので、誰にも相談できない

✅ 気を使うのにもう疲れた。本当の自分をさらけ出したい!

✅ 何度、確認しても、どうしてもケアレスミスをしてしまう

✅ 段取りが苦手で、ついついギリギリになってしまう

✅ 「小学生でも出来るぞ!」と怒鳴られる毎日が嫌!


もし、これらの項目に、

少しでも思い当たることがあったなら、

ほんの数分、時間をとって、このページを

最後まで読んでみてください。

ADHDだったんだ・・・

ダメな自分を変えたい想いで、

頑張って研究に打ち込んでいた

大学院2年生の夏、


徹夜で研究に明け暮れて必死に

実験をしていました。


ときには、忙しすぎて十二指腸潰瘍で

吐血したこともあります。


そんな風に必死に頑張っていたのにも

関わらず、普通の人が絶対にしない大きなミスが原因で、


教授から


「手を抜きやがったな」


「怠けてるんじゃねぇ!!」


「もっとやる気を出せ!!」


と叱責を受けます。


そう言われた僕は


「もうこれ以上頑張れない、、、」


「もう無理だ、、、」


「どうにでもなりやがれ・・・」


と緊張の糸が切れてしまい

ウツ病になってしまいました。


そして

ウツの原因を探るため、

心理検査の結果『ADHD』と診断受けた当時、


発達障害という『障害者』と言われた反面、


「ADHDが原因だったんだ・・・」

 と、正直言ってホッとしました。


だって今まで自分を

苦しめてきた原因がわかったんだから、、、、


そして

後は、この症状を

どうにかして対処すれば

全て解決すると思っていました。


そんな考えから大学卒業後、

ADHDの症状を抑えるため、

発達障害の支援センター 、

コミュニケーション講座や

就労支援センターなどに参加して


「休憩を挟みつつ仕事をする」


「モノの置き場所を決める」


「メモ書いて仕事の指示を覚える」


「ITツールを使ってスケジュールを管理する」


「感情を抑えるためのアンガーコントロール」


などのADHD対策を色々と学び、

この対策を打てば


「サラリーマンとしても働いていける!」


と意気揚々と入社に備えて

準備をしていました。


対策が役に立たない現実

しかし

会社でそのスキルを使ってみても


「結局、会社では気を使ってうまく休むことができない」


「忙しいと余裕がなくて決めた置き場所に置く余裕がない」


「大事なメモ帳を無くして仕事の内容を忘れてしまった」


「自分だけツールを使っていると目立つので自由に使えない」


「どんなに我慢しても、イライラや怒りの感情を抑えられない」


という状態になってしまいます。


それなら

ADHDの自分は周りと

違うことをすればいいのかもしれない!!


という思いで他の人が

持っていないスキルや資格を得れば、

周りと対等になれるんじゃないか


そんな思いで会社帰りに

資格取得のための勉強をしたり、

ビジネスセミナーに参加して


他の人が持っていない

スキルを高めようと思い

必死に勉強をしましました。


しかし


現実は甘くありません。


当時、新人だった僕に

求められていたことは

他の人ができないようなこと

ではありません。


新人らしく皆ができるような

コピー取りやお茶汲み、

電話対応などのマルチタスクを

しなければいけませんでした。


一個のことしか

できないADHDの僕は

周りと同じようにマルチタスクができなくて


「くそー、、、こんなに頑張ってるのに・・・」


「結局、俺なんかが頑張ってもダメなのか、、、」


「なんで俺ばっかりこんな目に合わなきゃいけねぇんだ・・・」

「ADHDなんかで生まれてこなければ、、、」


と自分の不幸な人生を呪うようになります。



誰も分かってくれない!

そんな自分の悩みを先輩や上司に相談しても


「考えすぎでしょ・・・」


「そんなこと最初は誰にでもあるだろ」


「とりあえず目の前の仕事に集中しろ!」


と言われ、お構いなしにマルチタスクを回されていました。


そんな毎日にボロボロになりながら

無気力状態で自宅アパートのベットに横になると、


「こんなに頑張ってるのに結局ダメじゃねぇか!!」


「誰も俺のこと理解してくれない!!」


「会社も上司も馬鹿ばっかりじゃねぇかよ!!」


と頭をかきむしりながら2度目の絶望を味わいます。


そんな日が1日続き、3日続き、1週間続くと

再びウツ状態になってしまいました。


そして

またもや緊張の糸が切れてしまい、

ミスを連発するようになります。


そうすると


僕はついにこう思うようになりました。


もう死んだ方がマシだ!

そんな自分に対して


「やっぱり何をやってもADHDの自分はダメなんだ」


「なんでこんなにも自分はポンコツなんだ!!」


「このまま生きてきても良いことなんか何もない!」


「生きればいきるほど自分の出来なさ加減がわかる。。。」


「もういっそ死んだ方が楽なんじゃないか、、、」


とADHDである自分の人生を

終わらせようとしています。


アパートから外に出て

白い横断歩道を渡る時、

目の前に大型トラックが通ると

こんな言葉が頭をよぎります。


「このまま轢かれてしまえばラクになれる」


そう一歩出ようとすると、


「ドドドド!!!」


というトラックの轟音に

怖じ気ついてしまい、

前に出ることが出来ません。


「俺は死ぬ勇気すらねぇのかよ!!!」


そう心の中で叫びながら

横にある電信柱を右手で叩いて

なんとか自殺を逃れます。


会社が合わないだけ?

自殺をなんとか免れて

会社から休職をさせてもらいますが、

なんとかそのおくれを取り戻すために

休職中も仕事の勉強をします。


とりあえず何をしていいかもわからず

業務に関する情報を

集めるためにネット検索をする毎日、、、


朝から晩まで作業をすると

ついには左顔面が麻痺の状態になり

左目がうまく開けなくなってしまいます。


そんな状況を脱しようと

会社に復帰するために電車に乗っても

会社に行くのが嫌で、30分も経つと

途中駅で降りてしまいます。


途中駅のホームで

スーツ姿のサラリーマンが

会社に向かう中、ベンチに座り


「結局、また今日も会社に行けない、、、」


と下を向きながらうなだれていました。


そんな風に毎日が上手くいかなくて

人生に絶望しながら気晴らしに

散歩をしていたある日、こう思います


ADHDと診断されて


ADHDの原因探しをしたり、

症状の対策を調べたり、

ADHD対策をやってみたとしても


「結局、会社では上手くいかない」


「でも待てよ、、、」


もしかしたら


 「”会社”が合わないだけなんじゃないのか?」


そう疑問を抱くようになります。


その疑問を解消するために、

自営業の親の仕事を手伝い始め、

自営業や起業とはどんな

働き方なのかを調べ始めます。




この起業家、ADHDでしょ!

調べていくと

年収1000万円超えの

1人起業家たちで


「この人、絶対にADHDでしょ!」

と思う人たちに多く出会います。


その人たちは、

僕とは大きく異なっていた

点があります。


それは自分の短所には

全く目を向けず、

長所だけに着目していたのです。


僕自身もADHDの欠点ばかりを

見ていて、才能には目を向けていないことに

気がつきました。


例えば、


ある起業家の方は、

常に働く場所を移動していたり、


自分の好きなこと以外は

一切やらなかったり、


自分の多動性に逆らわない

働き方をして自分の長所だけを

生かすようにしていました


そして


調べていくと、

成功しているADHDの多くは

起業家だという事実に気がつきます。



だからこそ

ADHDは起業の『才能』がある


と思うようになります。


ただ・・・

会社をクビになってしまったこともあって、

今までの人生を見返したいとの思いで、


なんとかお金を稼ぐために、

嫌いなことで起業しましたが、

全く続きませんでした。


なぜ成功している起業家のように

上手くいかないのか、

不思議で仕方なかったです。


ADHD症状を抑えるな!

この当時は頭でADHDが

才能だと分かっていても、


ついつい短所に目を向けて

ADHDを克服しようとしていました。


ですが、、、


僕はADHD症状を

完全に克服したわけ

ではありません!


物忘れはたまにはあるし、

片付けは今でも苦手です。


特に嫌いなことには

全く集中もできません。


でも

実は僕は自分の症状を

抑えようと思ったことはありません。


それよりも

症状を抑えずに、より開放して、活かすこと


がADHDが起業するには大切だ

ということがわかったのです。


例えば


今ではマルチタスクをしません。


常に何か「一つの好きなこと」に集中します。


そして

それ以外のことは一切しません。


逆に色んなことに手を出そうとする

起業家は、常に時間に追われてしまいます。


でも

定型発達の人はついつい

マルチタスクが出来てしまうために、


多くのことに時間が

取られてしまっているのです。


しかし


どうやって

マルチタスクをせずに働くかに

ついて教えているセミナーは皆無でした。

(というよりも知っている人の方が少ないのです。)


だからこそ


多くのADHDはマルチタスクをしない、

時間にゆとりのある働き方を知らないのです。


しかし


僕は運良く幸せに

成功しているADHDらしき起業家に

出会うことで、時間に余裕を持ち、

嫌いなことは一切やらず、


『興味があることだけに没頭できる』

ADHDに最適な起業法

を発見しました、


そして


バイトを3日で辞め、会社も半年しか続かなかった

ADHDではある僕は、自分の「才能」を理解し、

起業活動を進めたところ


「やりたいこと」や「商品」がない状態でも

「3ヶ月」で「72万円」の受注


そして


「9ヶ月後」には月収100万円を

達成することに成功します。


今では、ADHDとして

生まれて本当に良かったと思っていますし、


「ADHDは起業家の天才だ!」

と心の底から思えるようになりました。



【追伸】

なぜADHDとして生まれたんだろう・・・

会社を休職していた半年間

「なぜ自分はADHDとして生まれてきてしまったのか?」

とずっと考えていました。


そんな僕が、本心から「変わりたい」と

思って行動したのにも関わらず、

周りと同じようなことが出来ないことで、

ウツになってしまいます。


しかし


僕は運良く起業活動をすぐに始め、

ADHD起業法を知ることで

山や海岸で好きな時間に仕事をしたり、

趣味のピアノを弾きながら、

”ゆとり”を持って”やりたい”と思っていた

ADHD専門の起業コンサルタント

として活動することが出来ました。


このように起業コンサルタントをして

経験ゼロから3ヶ月で72万円の受注に成功し、

9ヶ月で月収100万円を達成したのも


「ADHDの才能を活かした起業」をすれば

「やりたいことを見つけて生きていける」

と早くに気づくことが出来たからだと思っています。


そして


この知識・経験をADHDの

仲間に伝えることが

僕がADHDとして

生まれてきた意味なんじゃないか

と思って本気で取り組んでいます。


こんなにもADHDが

起業では才能なのにも関わらず、

ADHDによるADHD専門の起業塾は

日本で(おそらく世界でも)

僕しか行っていません。


もし過去の僕と同じように

「なぜADHDの自分って

こんなにダメなんだろう・・・」

と人生に彷徨っているのなら、、、


この『ADHD起業』を

あなたも経験をしてみませんか?


ADHDだからこそ出来る起業法が存在します!


このチャンスを逃さないようにして下さいね。


ADHDで生きづらかったあなたの人

生を変える

キッカケになることをお約束します。

コシケン


Who this course is for:
  • ADHDの人
  • ADHDかもしれない人
  • 発達障害の人
  • 発達障害かもしれない人